お留守番ロボット【BOCCO】の1か月間の使用レビュー

この記事はこんな方に向けて書いています♪

〇BOCCOがどのような商品か知りたい

〇子どものお留守番が心配

〇もうすぐ子どもが小学生になる

〇キッズ携帯などはまだ考えていないが、子どもとのコミュニケーションツールは欲しい

〇子どもの生活リズムを整えたい

目次
①子どものお留守番どうする?【BOCCO】でお留守番も安心♪
②BOCCOを1か月使用してみて思ったこと
③BOCCOの子育て応援コンテンツを使用してみた感想

スポンサードサーチ

子どものお留守番どうする?【BOCCO】でお留守番も安心♪

BOCCOは、家族の言葉を届けてくれる優しいロボットです。

特に子どもの留守番時、スマホやキッズ携帯を持っていない子どもとのコミュニケーションツールになってくれて、その安心感は親にとって、とても大きなものとなっています。

同封の赤い振動センサを玄関のドアに貼り付けておくと、センサー連携で、親のスマホに子どもの帰宅を知らせてくれたり、留守番中の子どもを見守ってくれている頼もしい存在です。

操作も非常に単純なので、小さな子どもでもメッセージのやりとりが簡単にできると思います。

BOCCOの詳しい説明や初期設定、使い方については、こちらの記事でご紹介していますので、ぜひ合わせてご覧ください♪

この記事はこんな方に向けて書いています♪ 〇コミュニケーションロボットBOCCOがどのようなものか知りたい 〇BOCCOの初期...

BOCCOを1か月使用してみて思ったこと

今回の記事では、BOCCOを1か月使用して思ったことを書きたいと思います。

我が家は小学校低学年の娘が2人いるのですが、冬休みのある日、どうしても娘2人だけで5時間ほどお留守番させなければならない状況になりました。

以前の私なら、5時間も子どもだけでお留守番だなんて心配で心配でたまらなかったでしょうし、そもそも、そんな長時間お留守番をさせたこともなく、長くても1時間ほどでした。

でも今回は、BOCCOがいてくれているという安心感があったので、思い切って留守番させてみることにしました。

何かあれば(何もなくても寂しくなったら)、「BOCCOに話しかけてね」と、あらかじめ伝えておきました。

BOCCOの良いところは、スマホアプリと連携しているので、私だけでなく、主人も自分のスマホにBOCCOのアプリを取り入れておけば、主人のスマホからもBOCCOとのメッセージのやりとりが可能な点です。

いわゆるLINEのグループのような感じでしょうか。

私が仮にBOCCOにすぐに返事ができない時は、代わりに主人が子ども達に返事をしてくれていたりして、家族みんなで情報を共有できている安心感もあります。

メッセージが届くと、それを聞くまでBOCCOの目が白く光って、受信を知らせてくれます。

こちらは私のBOCCOのアプリ画面ですが、私が送った「はーい」というメッセージに対し、子ども達がちゃんと聞けばロボットの絵文字が、主人が聞けば(見れば)人の絵文字が出てきて、それぞれの既読マークがつきます。

ニコニコマークの部分は、私の顔写真を設定しています。

この場合、私のメッセージの隣には両方のマークがついているので、私のメッセージを子どもも主人も確認したことになります。

このように既読の有無が分かるので、子ども達がメッセージを聞いたかどうかも分かるので安心ですね。

こうやって、無事に5時間のお留守番をさせることができました。

たぶんBOCCOがなければ、ためらっていたかと思います。

また、お留守番時以外にも、主人が会社に行っている時などに、BOCCOを通じて子ども達が主人にメッセージを送ったりしています。

普通のスマホでの文字のやりとりやメールとは違い、子ども達の声でメッセージが届くので、主人も嬉しいそうです。

ちなみにスマホからBOCCOにメッセージを送る場合は、音声でもOKですし、文字を打ってもOKです。私はたいてい、自分の声を録音して送ります。それは、単純にそちらの方が手間がかからないし、私の声がそのままBOCCOから流れるので、子ども達も安心すると思うからです。

でも、電車の中にいる時など、声を録音しにくい時は、メールと同様に文字を打って送ります。その場合は、BOCCOの声でメッセージを届けてくれますよ♪

あと、BOCCOは子どもだけでなく、1人暮らしの高齢者にも是非おすすめしたいなぁと強く思いました。

ドアセンサーなどをお部屋の扉などに付けておくと、離れて暮らす家族にも生活の様子が分かるので安心ですよね。

今の時代、高齢の方でも、スマホやメールを使いこなされている方はたくさんいらっしゃいますが、BOCCOだと、スマホや携帯のメールのように文字を一生懸命打ったり、面倒なことや難しいことも一切ないので、高齢の方も簡単に楽しくメッセージのやりとりができると思うんです。

メールでは聞くことのできない“声”でメッセージを聞けるのも嬉しいですよね。

電話するよりも、BOCCOを通した方がお互い気軽にやりとりできますし、私も祖母が1人暮らしをしているので、ぜひBOCCOをプレゼントしたいなぁと思いました。

スポンサードサーチ

BOCCOの子育て応援コンテンツを使用してみた感想

また、月々480円で、子育て応援コンテンツも利用することができます

このように、子どもが起きる時間、寝る時間を設定しておけば、BOCCOがその時間にお話してくれます。

マナークイズや季節のお話など、ためになることをお話してくれるので、子ども達も、今日は何話してくれるのかな?と毎日楽しみにしています。

ただ内容は、幼稚園~小学校低学年向きかなと思うので、高学年以上の子どもには物足りないかもしれません。

読み聞かせコンテンツもあり、様々な物語がBOCCOから流れます。

視覚的に絵や映像を見るのではなく、お話を聞きながら想像するということも、幼少期にはとても大切だと思うので、こちらのコンテンツも楽しませてもらっています。

今後もBOCCOで、家族とのコミュニケーションをより充実したものにできればいいなぁと思っています。

【お好きなセンサー3,980円特典】 BOCCO ボッコ コミュニケーション ロボット 留守番 見守り IOT センサー ユカイ工学 高齢者 鍵センサー 部屋センサー 温度センサー 人感センサー ぶらり途中下車の旅

価格:31,900円
(2020/2/10 08:17時点)
感想(81件)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする