【ねこぶとろろ】をちょい足しした簡単料理アレンジ術

この記事はこんな方に向けて書いています♪

〇ねこぶとろろがどのような商品か知りたい

〇北海道産の昆布を使用した乾燥昆布の加工品が欲しい、もしくは探している

〇ねこぶとろろを使用した簡単料理アレンジを知りたい

目次
①ねこぶとろろってどのような商品?
②【ねこぶとろろ】をちょい足しした料理アレンジ術
③【ねこぶとろろ】を使った具体的な料理レシピ

スポンサードサーチ

ねこぶとろろってどのような商品?

【とれたて!美味いもの市】さんのねこぶとろろのご紹介をしたいと思います。

ねこぶとろろは、北海道産の昆布を3種使用している乾燥昆布加工品です。

北海道産のねこ足昆布・真昆布・がごめ昆布と国産の磯のりと青のりを使用しているそうで、国産素材なのが安心できて嬉しいです。

また、保存料、着色料、甘味料は使用していないそうで、普段から添加物に気を付けたいと思っている身としては有難いポイントです。

また、その方が素材そのものの風味や味を存分に味わえると思います。

ジップロックになっているので、必要分だけすぐに取り出せますし、保存もラクです。

また、一般的なとろろ昆布とは少し違い、パラパラとしているので、指に昆布がくっついたりすることもなく、とても扱いやすいです。

【ねこぶとろろ】をちょい足しした料理アレンジ術

こちらの商品、普段のお料理にちょい足しするだけで、いつものおかずがグンと風味良くなり栄養価も増すので、我が家では毎日活用させてもらっています。

では、その活用例をご紹介させていただきますね♪

例えば、卵焼きを作る時に、私はいつも卵3個と白だしを10g入れるのですが、ほんの少し白だしの量を減らし、その代わりにねこぶとろろを入れます。

それだけで栄養価が増しますよね♪

もちろん白ごはんにのせて食べるのも、手軽で絶品です♪

あと、お味噌汁の具が少ないなぁと感じる時などに、ねこぶとろろをひとつまみ入れるだけで、一気に高級感のある贅沢なお味噌汁になるのが不思議です。

昆布に粘りがあるので、お味噌汁に、ちょっぴりとろみが出ます。さらに、磯のりと青のりの香りがして、手間をかけて作ったお出汁という感じがするんです。

あと、酢の物を作る時に私はいつもワカメを使うのですが、ワカメを切らしていた時に、代わりにねこぶとろろを使ったのですが、簡単でとても良かったです。

スポンサードサーチ

【ねこぶとろろ】を使った具体的な料理レシピ

白菜とツナのうま煮

①白菜半分を食べやすい大きさに切り、フライパンやお鍋に入れます。

②フタをして中火にかけ、白菜から水分が出てくるのを待ちます。菜箸で白菜の上下を返しながら、底部分の白菜が焦げないようにしながら煮ます。

③ある程度、白菜から水分が出てきたら、ツナ缶の中身を油ごとお鍋に入れます。

④薄口しょう油大さじ2、砂糖大さじ1.5入れて、さらに煮ます。

⑤最後に、お好きな量のねこぶとろろを入れて、大きくかき混ぜたら完成です。

ツナの油と、ねこぶとろろの相性がとても良く、上品な味のおかずになります。

人参やきのこ類を入れても美味しいですよ。

ちくわの磯辺揚げ

①小麦粉と水、少量の塩を混ぜ合わせたものに、青のりと、ねこぶとろろを入れて軽く混ぜます。これが衣になります。

②それに、半分に切ったちくわをくぐらせ、油で揚げたら完成です。

こちらもやはり、青のりだけの磯辺揚げより、断然、磯の風味が増して、おいしい磯辺揚げになります。

どれも簡単な料理ばかりですが、ねこぶとろろを使うと、ひと手間かけたような料理になるのが嬉しいです。

ぜひみなさんにも使っていただきたいです。

とれたて!美味いもの市

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする