黒にんにくのおいしい食べ方【黒にんにくを使った料理レシピ5選】

この記事はこんな方に向けて書いています♪

〇黒にんにくを使ったレシピや、おいしい食べ方を知りたい

〇フルーツ黒にんにくがどのような商品なのか気になる

〇健康や美容に気を遣っている

〇農薬も化学肥料も使わずに育てたオーガニックのものが好き

目次
①出口崇仁農園フルーツ黒にんにくとは
②黒にんにくのアレンジレシピ~春の味覚を楽しむ♪ほたるいかと豆苗のペペロンチーノ炒め
③黒にんにくのアレンジレシピ~朝食におすすめ♪ウエイパーバターを使ったガーリックトースト
④黒にんにくのアレンジレシピ~黒色がアクセントに♪ガーリックライス~
⑤黒にんにくのアレンジレシピ~子どもに大好評♪黒にんにくの天ぷら~
⑥黒にんにくのアレンジレシピ~アレンジ無限♪黒にんにくのトマトソース~

スポンサードサーチ

出口崇仁農園フルーツ黒にんにくとは

出口崇仁農園さんのフルーツ黒にんにくは、

無農薬で化学肥料を一切使わずに育てたオーガニックのにんにくを独自製法で熟成させたものです。

温度調節と乾燥を約1ヵ月かけて、機械は使わず熟練の職人がじっくり熟成されているそうです。

こだわりを持って丁寧に大切に作られた黒にんにくなのだなぁと、ありがたく感じました。

国内産のにんにくを使用しているそうです♪

余分な水分やにんにく特有の渋みを飛ばし、もともと高いにんにくの栄養価が何倍にも膨れ上がるそうです。

皮をむくと、黒色のにんにくが顔を出します♪

この時点で、にんにく特有のにおいというよりは、フルーティーな甘い香りの方が強く漂ってきます。

そのまま食べられるそうなので、1つ食べてみました。

甘い♪

にんにくというイメージで食べると、全くの別物に感じるかもしれません。そして食感はグミのような感じがします。

その糖度は50度以上だそうですよ。

にんにくって、お料理に使うと美味しさが増して私は大好きなのですが、やはり気になるのは匂いですよね。

でもこちらの黒にんにくは、

におわないんです♪

ですから、お料理にも躊躇なく使えるのが何より嬉しいです。

では、いくつか、こちらの黒にんにくを使用したアレンジレシピをご紹介したいと思います。

黒にんにくのアレンジレシピ~春の味覚を楽しむ♪ほたるいかと豆苗のペペロンチーノ炒め

使用するのは、今が旬のほたるいか、豆苗、黒にんにくです。

豆苗の代わりにキャベツなど別の葉物、ほたるいかの代わりにエビや帆立などでも美味しくできると思います。

まず、黒ニンニクを薄く切り、オリーブオイルを熱したフライパンに入れます。

そこへ下処理したほたるいかを入れ、塩コショウし、軽く炒めます。

白ワイン(もしくは酒)を大さじ1ほど入れ、フライパンにフタをし、軽く蒸し焼きにします。

最後に洗って切った豆苗を入れ、塩コショウで味をととのえ、強火でサッと火を通したら完成です。

とっても簡単で塩コショウのみのシンプルな味付けなのですが、黒にんにくのおかげで風味が良くなり、ちょっとお洒落な味に仕上がる気がします。

スポンサードサーチ

黒にんにくのアレンジレシピ~朝食におすすめ♪ウエイパーバターを使ったガーリックトースト

こちらの黒にんにく、熟成されているためとても柔らかいので、普通のにんにくと同様な調理をするのは結構難しいです。

ですから、ペースト状に潰して使うアレンジ方法は使いやすいかと思います。

用意するのは、

黒にんにく(お好きなだけ)、無塩バター、ウエイパーなどの中華スープの素です。

無塩バターがなければ普通のバターでも大丈夫ですが、その場合は中華スープの素の量を減らして、塩分量を調節されると良いかと思います。

これらを軽くレンジにかけて溶かし、混ぜ合わせます。

それを食パンやフランスパンの表面に塗り、トースターで焼くだけです。

これが絶品なので、ぜひ味わっていただきたいです。

ガーリックトーストって匂いが気になり、なかなか朝に召し上がれない方も多いと思うのですが、こちらの黒にんにくなら、そんな心配はいりません♪

朝食にぴったりなメニューです。

黒にんにくのアレンジレシピ~黒色がアクセントに♪ガーリックライス~

次にご紹介するのは、ガーリックライスです。

黒にんにくと玉ねぎをみじん切りにします。黒にんにくは柔らかいので、大きめなみじん切りにしました。

まず豚バラブロックを小さめのサイコロサイズに切り、炒めます。

本当は牛ステーキ肉を使いたかったのですが、家になかったので、今回は豚バラを使用しました。

焼き色がついたら、一旦、お皿に取り出します。

先ほどお肉を炒めたフライパンに、みじん切りにした黒にんにくを入れます。

次にみじん切りにした玉ねぎも加え、しんなりするまで炒めます。

玉ねぎがしんなりしてきたら、白ご飯、バターを入れて混ぜ合わせ、先ほどのお肉を戻し入れます。

味付けは、コンソメ(顆粒タイプ)とお醤油にしました。

お醤油は焦げやすいので、最後に鍋肌から回し入れます。

仕上げに、スライスした黒にんにくを素揚げしたものを乗せました。

ガーリックライスって、どうしても茶色っぽい色合いになりがちですが、黒にんにくを使うと、見た目にもアクセントになっていいなと思いました。

香りも、にんにくの良い香りだけ引き出されている感じがします。

スポンサードサーチ

黒にんにくのアレンジレシピ~子どもに大好評♪黒にんにくの天ぷら~

そして私がもっともオススメする食べ方はこちっら♪

黒にんにくを丸ごと天ぷらにしていただく食べ方です。

皮をむいた黒にんにくを、てんぷら粉(私はいつも小麦粉150g、ベーキングパウダー4g、卵1個、冷水200㎖、マヨネーズ大さじ1で作ります♪)にくぐらせ、

低温の油で揚げるだけです。

これが子ども達に大好評でした。

甘くて、お芋の天ぷらみたいと言っていました。

お好みで、塩をかけても♪

素材の味を1番楽しめる食べ方かもしれません。しかも、普通のにんにくでは、天ぷらにしても美味しくいただけないと思うので、こちらの黒にんにくならではぼレシピかと思います。

写真を撮るまもなく、あっというまになくなってしまいました♪最後の1個を慌てて撮りました(笑)

黒にんにくのアレンジレシピ~アレンジ無限♪黒にんにくのトマトソース~

黒にんにくの味が苦手、でも、健康のために黒にんにくを食べたい!という方にオススメなのが、黒にんにくのトマトソースです。

材料は、みじん切りにした玉ねぎ、潰した黒にんにく、トマトホール缶、オリーブオイル、ケチャップ、コンソメ顆粒のみです。

オリーブオイルで黒にんにく、玉ねぎをよく炒めます。

そこへケチャップを入れて、さらに5分ほどよく炒めます。

玉ねぎの色が変わってきたら、トマトホール缶を入れ、顆粒コンソメ4gほど加え、水分が飛ぶまで、じっくり火にかけます。

すると、とっても濃厚なトマトソースができます。

黒にんにくの味は消えますが、それが逆に、黒にんにくの味は苦手だけど、健康のために摂取したいという方にはぴったりです。

でも、黒にんにくの旨味と甘みはしっかり残るので、トマトソースにより深みを出してくれて、これは普通のにんにくでは出せない味だと思います。

砂糖を入れてないのにトマトソースに甘みを感じるのは、黒にんにくのおかげだと思います。子どもも食べやすいと思います。

このソースは万能で、パスタソースやピザソースにもなりますし、マカロニに絡めたり、お野菜やパンにのせても美味しいです。

私は今回、グリルで焼いた鶏モモ肉にかけることにしました。

おもてなし料理にもピッタリだと思います。

黒にんにくは、普通のにんにくと同様にお料理にも使え、そのまま生でもいただけて、さらに匂いを気にしなくて良いので、普段使いできて重宝する商品だなと感じました。

食事に気を使っているかた、ダイエット中のかた、美容・健康に興味のあるかた、家族の健康を気にしているかたには、是非お試しいただきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする