高い保冷・保温性能♪【京セラ セラブリッドタンブラー】の使用レポ

この記事はこんな方に向けて書いています♪

〇おいしい温度を長時間キープしてくれるタンブラーを探している

〇氷を入れても結露しないタンブラーが欲しい

〇セラミック加工のタンブラーが気になる

〇京セラ セラブリッドタンブラーの使用感を知りたい

目次
①京セラ【セラブリッドタンブラー】はどのような商品?
②保冷・保温性能を検証♪温度測定してみた結果
③セラブリッドタンブラーで飲むドリンク

スポンサードサーチ

京セラ【セラブリッドタンブラー】はどのような商品?

京セラさんのセラブリッド タンブラーは、ステンレス製真空断熱構造(魔法瓶構造)&セラミック加工のタンブラーです。

こちらのカラーはグレーです。

そんな特殊加工のタンブラーの特徴をご紹介したいと思います。

①独自のセラミック加工

セラミック加工のため、食器洗い乾燥機が使えます

またセラミック加工は金属臭や傷がつきにくく、優れたはっ水性により、汚れもつきにくいそうです。

それは飲みもの本来の旨味を堪能できることに繋がりますよね。

②真空二重構造

保温・保冷を長時間キープし、氷を入れても結露しないという嬉しい構造になっているそうです。

③おいしさ引き立つ形状

サイズはタンブラーの高さが10㎝、重さが約129gです。

陶器のような見た目で重厚感があるのに、陶器のように重くないというのは嬉しいポイントです。

容量は300㎖です。

非常に持ちやすい形状になっています。

香りを楽しめる大きな飲み口、氷を入れやすい広い飲み口になっているところも嬉しいです。

また、この6:4の比率というのが、焼酎と割りものの黄金比だそうです。

注ぎの目安となるので、タンブラーの色合いが6:4で分けられているのは、分かりやすくていいなと思いました。

お値段は、定価3,520円(税込です。

保冷・保温性能を検証♪温度測定してみた結果

私がこのタンブラーで1番魅力的に感じたのは、保冷・保温性能があるという点です。

やはり、よほど喉が渇いていない限り、飲み物をコップに入れてすぐに飲み干すということがあまりなく、何かをしながら飲んだり、食事をしながら飲んだりというシーンが多いですよね。

そんな時に、マグカップに温かい飲み物を入れてもすぐに冷めてしまったり、冷たいものを入れてもコップが結露してしまって水滴が気になったりで、なかなか最後の一滴まで美味しい温度のまま飲めるって難しいです。

でも、こちらのタンブラーはその点に優れているということなので、検証してみることにしました。

まず、タンブラーに氷とカフェオレを注ぎます。

ちなみに、室温はだいたい13度くらいです。

温度計は0度の少し下です。タンブラーは触るとひんやりしています。

それでは測定スタート!

30分後、60分後と、氷の見た目の様子はほぼ変わらずです。

90分経ってもなお、氷は溶けていません。でも少し丸みは帯びてきましたね。

温度計は、まだ0度以下をさしています。

そして、氷を入れると普通はコップの外側が結露で水滴だらけになるのに、全く濡れていないんです。それがとても嬉しいです。

キッチンタイマーが99分までしか測定できなかったのですが、こちらの写真↓は、飲み物を入れてから、なんと10時間後の写真です。

氷は何個か溶けていますが、まだ残っている氷もあり、温度も0度で、まだ冷たいままだったのには驚きました。

続いて、温かい飲み物を測定しました。

注いですぐは、80度です。この時、タンブラーを触っても熱くないです。中身だけが熱くなっているんですね。

23分後には、53度。

まだまだ温かさを感じる温度でした。

85分後には32度になっていました。32度はぬるいと感じる温度ですが、普通のマグカップだと、15分ほどでぬるくなってしまうので、この結果はすごいと思いました。

少なくとも、食事中は温かいまま飲めますよね。

(※こちらの実験は、室温や環境などによって、結果が大きく左右することもあるかと思います。あくまで私が自宅でおこなった素人の検証なので、ご了承ください。)

スポンサードサーチ

セラブリッドタンブラーで飲むドリンク

先ほどご紹介した6:4の黄金比で梅酒を炭酸で割ってみました。

氷がなかなか溶けないので、いつまでもお酒が薄まることなく美味しく飲めます。

ぜひぜひ皆さまも、おうち居酒屋楽しんでみてください♪

あと、私は毎朝スムージーを飲むのですが、スムージーを入れるのにもちょうど良かったです。

サイズ感が程よいんですよね。

本当に理想のタンブラーに出会えて、嬉しく思います。きっとプレゼントにも喜ばれますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする