世界3大はちみつの1つ【ロンガンハニー】を使った料理レシピ

この記事はこんな方に向けて書いています♪

〇【ロンガンハニー】がどのような蜂蜜か知りたい

〇ハチミツを、料理やおやつに使いたい

目次
①世界3大はちみつの1つ【ロンガンハニー】とは?
②【ロンガンハニー】を使ってダッチベイビー作り
③【ロンガンハニー】でナッツのハチミツ漬け
④お料理にも活用♪【ロンガンハニー】を使った豚肉の味噌漬け

スポンサードサーチ

世界3大はちみつの1つ【ロンガンハニー】とは?

こちらの蜂蜜は、自然が多いチェンマイ、チェンライ、ランプーンなどタイ北部で採取したはちみつを使用しているそうで、100%タイ産です。

ロンガンハニーは、ライチに似たロンガン(龍眼)から作られるはちみつで、フルーティーでアールグレイを思わせる上品な風味が特徴です。

ロンガンハニーは、タイムハニー、レザーウッドハニーと並んで世界3大はちみつの1つとも言われてるそうです

また、こちらのロンガンハニーは、スクイーズボトルタイプなので液垂れしないため使いやすいです。

使う際にスプーンですくったりしなくて良いのも、手軽に使えて嬉しいです。

【ロンガンハニー】を使ってダッチベイビー作り

ダッチベイビーは、オーブンでじっくり焼き上げたドイツ風のパンケーキです。

今回はロンガンハニーを使って、そのダッチベイビーを作りたいと思います♪

2人分のレシピをご紹介します♪

ボウルに卵を2つ割り入れ、溶きほぐします。

そこへ、牛乳100㎖、砂糖大さじ1、さらにロンガンハニー大さじ1、塩少々を加えて混ぜます。最後に、薄力粉を70gほど入れて混ぜ合わせます。

その間に、オーブンにスキレットフライパンを2つ入れ、230度に予熱しておきます。

予熱が終わったら、無塩バターを入れて、スキレット全体にバターが行きわたるようにします(スキレットが熱くなっているので、素手で触らないように気を付けてくださいね)。

そこへ先ほど作った生地を、やけどしないように気を付けながら流し入れます。

オーブンの温度を210度に下げ、約10分ほど焼きます。

すると、こんな感じに綺麗な黄色に焼き上がりました♪

だんだんしぼんでいってしまうので、急いでトッピングしていきます(笑)

このままでも充分美味しいのですが、お好みでフルーツや粉糖、アイスや生クリームをのせてもいいですね♪

私は仕上げに、フルーツと生クリーム、ロンガンハニーをかけました♪

生地にもロンガンハニーを混ぜ、仕上げにもかけてみました。

ロンガンハニーは紅茶のような香りが強いので、普通のはちみつ以上にスイーツによく合います♪味もコクがあり、私は大好きな種類のはちみつでした。

スポンサードサーチ

【ロンガンハニー】でナッツのハチミツ漬け

私はいつも、好みのはちみつに出会えたら、ナッツのはちみつ漬けを作ります。

今回はアーモンドしか家になかったので、アーモンドをはちみつ漬けにしてみました。色々な種類のナッツがあれば、なお美味しく仕上がります。

ロンガンハニーを贅沢に使いました♪

瓶に入れて何日か置きます。

はちみつ漬けしたナッツは、ヨーグルトやパンにのせていただきます。

ナッツとはちみつの相性がとても良く、はちみつそのものの味も楽しめるので、とてもオススメな食べ方です♪

お料理にも活用♪【ロンガンハニー】を使った豚肉の味噌漬け

スイーツに使うだけではもったいないので、お料理にも使ってみました。

豚肉の味噌漬けを作るのですが、それを漬けこむタレにロンガンハニーを使います。

4人分の分量です。

味噌・しょうゆ各大さじ2、砂糖小さじ1、酒大さじ1、ロンガンハニー大さじ2をボウルに入れて混ぜ合わせます。

これで漬けこむタレの完成です。

そこに豚肉を漬けておきます。

1時間くらい冷蔵庫に置いたら、焼いていきます。

味噌やしょうゆは焦げやすいので、このように、フライパン用ホイルなどを敷くのをおすすめします。

焼き色がついたら裏返し、蓋をして弱火にし、蒸し焼きにします。

火が通ったら蓋を開け、中火にして少し水分を飛ばし完成です。

ロンガンハニーの香りはしませんが、お砂糖を使うより優しく深い味わいになりますし、はちみつなので健康にもいいですよね。

このお料理だけに関わらず、私はよく、お砂糖の代わりにはちみつを使います。

飲みものも、シロップやお砂糖の代わりにはちみつを入れることが多いです。

ロンガンハニーは初めて味わいましたが、世界三大はちみつの1つとも言われるのも納得だなぁと感じました。

上品な香りとコクのあるはちみつなので、ぜひみなさんにも味わっていただきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする