子どもと楽しめる素麺デコ♪【小豆島 そうめん 小豆島手延べ素麺 4色入り】

目次
①【小豆島 そうめん 小豆島手延べ素麺 4色入り】はどのような商品?
②【小豆島 そうめん 小豆島手延べ素麺 4色入り】を使って子どもと楽しむ素麺デコ

スポンサードサーチ

【小豆島 そうめん 小豆島手延べ素麺 4色入り】はどのような商品?

【小豆島 そうめん 小豆島手延べ素麺 】は、厳選した小麦、瀬戸内海の塩、国内で唯一かどや製油のゴマ油を100%使用した手延べそうめんです。

とても綺麗な4色カラーです。どれも自然な色で、

緑色は 食塩、オリーブ果実、食用オリーブ油、クチナシ色素

黄色は かぼちゃ粉末(北海道産)、食塩、ごま油、クエン酸Na

ピンク色は 食塩、食用植物油、 梅肉、赤しそ、クエン酸Na

が使われています。人工的なもので色付けされていないので、安心して食べられて嬉しいです。

手延素麺生産地として400年の歴史を存する小豆島は、日本三大生産地の一翼を担っておられます。


江戸時代の初め(慶長3年)からの伝統にささえられた独特の製法で作られているのだそう。

小豆島では、全国でも珍しい純正のごま油を使用されています。ごま油だと酸化しにくいので、いつまでも変わらぬ味の良さ、品質の良さを味わうことができるのだとか。

私は、素麺と油ってあまり結びつきがないと勝手に思っていたのですが、全然そんなことなくて、このように素材にこだわって使用されているのですね。

こちらは、小豆島 そうめん 小豆島手延べ素麺 4色入り 250g(50g×5束)×3袋です。

【小豆島 そうめん 小豆島手延べ素麺 4色入り】を使って子どもと楽しむ素麺デコ

色付きのお素麺、眺めているだけでワクワクしてしまいます♪

子ども達が昨年の夏休み、素麺デコをしてみたいと言っていたことを思い出し、これなら色付きだし色々なものを作れそうだと思い、親子で挑戦してみることにしました。

まずはたっぷりのお湯で、色ごとに2分ずつ茹でます。

茹で上がってよく水洗いした後の、お素麺のツヤツヤの表面が食欲をそそります♪

すみません、途中、親子で作るのに夢中になりすぎて写真を撮る余裕がなかったのですが、このような素麺デコをしてみました♪

娘が愛してやまないすみっコぐらしのキャラクターです。

目や口、耳などには、海苔・目玉焼きの黄身・白身、ハムなどを使いました。

真っ白のお素麺のみでは、こんなにたくさんのキャラクターは絶対に作れないので、とても嬉しかったです。

お素麺は茹でたらより鮮やかな色味になり、子ども達も興奮していました。子どもって、このように色が付いているとテンションあがりますよね。普段、普通のお素麺だとそうでもないのですが、色付きお素麺は、かわいい、嬉しい、美味しいの連呼でした。

実際にこちらの手延べそうめん、いつも食べているお素麺よりツルツルののどごしで、お素麺自体に味がうっすらついているように感じ、たいへん美味しかったです。食欲のない時にもおすすめです。

この夏休み、コロナの影響であまりどこも遊びに行けないので、おうちで子どもとクッキングするのもいいですね。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪