【糀の”生”甘酒『こうじくん』】で美味しく始める腸活

目次
①【糀の”生”甘酒『こうじくん』】はどのような商品?
②【糀の”生”甘酒『こうじくん』】を飲んでみました
③【糀の”生”甘酒『こうじくん』】を1週間飲み続けた感想

スポンサードサーチ

【糀の”生”甘酒『こうじくん』】はどのような商品?

【糀の”生”甘酒『こうじくん』】は、冷凍することで、酵素が生きたまま腸まで届く甘酒です。

甘酒は飲む点滴と呼ばれるほど、豊富な栄養素が含まれている飲み物ですよね。

こちらの甘酒には、その豊富な栄養素に加え、栄養素の吸収を促し、体に生かすことをサポートする『代謝酵素』が活きたまま含まれているんです。

私は初めて知ったのですが、市販されている一般的な甘酒は、出荷前に熱で酵素を壊し、発酵を止めて売られているそうです。

一方こちらの甘酒『こうじくん』は、製造後すぐに急速冷凍することで酵素を冬眠させ、そのまま冷凍便で私達のもとに届けられます

ですから、私達は活きたままの酵素を摂取できるというわけなんですね。

活きた酵素パワー+飲む点滴の栄養素をWで摂取できる甘酒なんです。

また、アルコールフリーで、砂糖・添加物不使用なところも嬉しいですよね。

【糀の”生”甘酒『こうじくん』】を飲んでみました

冷凍されているので、飲む前に冷凍庫から出して自然解凍するか、このように袋ごと水につけて解凍します。

今は夏の暑い時期なので、飲む直前に冷凍庫から取り出して10分ほど室温に置いておくだけで、ほぼ解凍されています。

朝食前に飲むと良いそうです♪

半解凍の状態だとシャーベット感覚で味わえて、これがまた美味しいんです。

起きたばかりの体に、栄養が染みわたっていくような感覚があります。

甘酒自体はとてもやさしい自然な甘さで、口当たりが良く、やみつきになる美味しさです。

玄米バージョンのこうじくんもあり、毎朝1日おきにプレーン味と玄米味を交互にいただきました。

玄米っぽい色合いが、とても体に良さそうです。

こちらは玄米の粒々がしっかりと感じられ、プレーンタイプのこうじくんよりドロドロした感じがしました。

私はどちらかというとプレーンタイプのこうじくんの方がサラリと飲みやすくて好みなのですが、玄米タイプは豆乳や牛乳で割るとグンと飲みやすくなり、逆にハマってしまいました。

気を付けたことは、タンパク質でできている酵素は熱に弱いそうなので、こうじくんは温めて飲まないようにしました。毎朝、冷たいままいただきましたが、本当に美味しいので何杯でもいけちゃいそうです。

スポンサードサーチ

【糀の”生”甘酒『こうじくん』】を1週間飲み続けた感想

こうじくんを1週間飲み続けました。

いつのまにか、毎朝これを飲むことが起床時の楽しみになっていました。

甘酒はもともと好きでしたが、さらに大好きになるぐらい、こうじくんの美味しさに魅了されました。

美味しくいただけて、体にも良いなんて嬉しいことづくめだなぁと感じます。

そして1週間で感じた体の変化があります。それは体が非常に疲れにくくなったことです。

朝起きるのが全然つらくなくなり、目覚めと同時にスッと起きられるようになり、自分でも驚いています。これは、こうじくんのパワーのおかげとしか考えられません。

このまま続けていけば免疫力も高まっていくような実感があります。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪