見好養蜂園さんの【みよしの百花蜜】を食べてみました♪

目次
①見好養蜂園さんの【みよしの百花蜜】はどのような商品?
② 【みよしの百花蜜】 を食べてみました♪

スポンサードサーチ

見好養蜂園さんの【みよしの百花蜜】はどのような商品?

見好養蜂園さんの【みよしの百花蜜】は、 佐賀県基山町の山の色々な花々が咲きみだれた環境の中、ミツバチたちがブレンドして作り上げた蜂蜜です。

佐賀県の基山町は町の3分の2が山地のため、自然木にかこまれたミツバチを育てるのにとてもいい環境だそうです。

『みよしの百花蜜』はこの基山の自然木の花蜜にこだわり採蜜されているのだとか。

みよしの百花蜜のベースとなる花の『ハゼ』が咲きだす5月中旬から6月中旬という短い期間に、蜂群を強勢に育て一斉に蜂蜜を採っていくそうです。

そんなこだわりのハチミツ、220g入っています。

コロンとした可愛いフォルムの瓶に入っていて、食卓に出しっぱなしでも可愛いです♪

子どもの手にも取りやすい入れ物だと思います。

※1歳未満の乳児には与えないようにする必要があります。

【みよしの百花蜜】 を食べてみました♪

我が家は、ハチミツを朝食で必ず使うので、毎朝の食卓には欠かせないものです。

パンやパンケーキに塗ったり、プレーンヨーグルトにかけたり、お砂糖代わりの紅茶の中に入れたり、家族みんながそれぞれ好きなように使います。

こちらのハチミツ、とても美しい濃い黄金色をしています。

粘度が非常に強いハチミツで、水あめのようにドロッとしています。

私はサラサラのハチミツより、このようなハチミツの方が好みです。

香りは、ハチミツの芳醇な香りがとても強く、人工的でない自然の甘い香りがします。

私はハチミツをよく料理にも使うのですが、こちらの 『みよしの百花蜜』 は味と香りがとても良いので、料理に使うのが勿体なく感じてしまい、そのまま加熱せずに味わうのが好きです。

とても濃厚な味わいのハチミツなのにも関わらず、意外にも後味はさっぱりしているのも魅力的です。

これをヨーグルトにかけると、ワンランク上のヨーグルトに早変わりしますよ♪

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪