原木育ちの乾椎茸【うまみだけ(115)】レポ

スポンサードサーチ

【うまみだけ(115)】はどのような商品?

乾椎茸の生産量全国№1の大分県から生まれた、新ブランド商品うまみだけ。

その中の、115(いちいちご)という品種のうまみだけなんです。

このようなチャック式なので、使いたい分だけ取り出せて使えるのが便利です。

干し椎茸と言えば、大分県のイメージが強くありますよね。実際にスーパーでも、大分のものをよく見かけるように思います。

見てください!こんなにもしっかりとした肉厚な干し椎茸は、初めて見た気がします。私がよく使っているスーパーで売られている干し椎茸は、もっと小さくて薄っぺらいので、とても驚きました。

そして、乾燥の状態でも、すでに椎茸のいい香りが漂ってきます♪

水に浸けて、冷蔵庫の中でゆっくり一晩寝かせます。一度にたくさん戻して、冷凍もできるそうですよ♪冷凍しておけば使いたい時にすぐに使えて便利ですよね。

こちらが、一晩かけて戻した乾椎茸です。

かなりふっくらと膨れていますよね。普通の椎茸よりも肉厚で驚いてしまいました!これが乾椎茸だなんて…!!

【うまみだけ(115)】食べてみました♪

今回は乾椎茸を使用した、椎茸の佃煮を作ってみました。

作り方はとても簡単。 お鍋に、戻してカットした干し椎茸、その椎茸の戻し汁、酒、濃口醤油、砂糖、みりんを加えよく混ぜ、落し蓋をして中火で煮込む だけ。

調理後の椎茸にツヤがあるのには感激しました。

あえてあまり濃い味付けにはせずに、椎茸の旨味を生かしたいなと思いました。

噛み応えがものすごくあり、プリプリの食感でした。そして椎茸の香りを強く感じました。 椎茸好きにはたまりませんね♪

椎茸の旨味も、これまで食べてきた干し椎茸は何だったんだろうというくらい、しっかりと味わうことができましたよ♪

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪