美味しいサーモンの西京漬け♪【佳肴季凛 西京漬】の食レポ

スポンサードサーチ

【佳肴季凛 西京漬】はどのような商品?

【佳肴季凛 西京漬】は、吟味された厳選素材と、熱き想いが詰め込まれた西京漬です。

日本料理店さんの美味しさを、そのまま届けてくれるんです。

こちらのお店の西京焼で使用している鮮魚は、鰆、銀鱈、サーモン、鯖など、どれも脂の乗ったものばかりなのだそう。
その中で贈答用の西京漬として用意されているのは、銀鱈とサーモンの2種類です。

今回私がレポートさせていただきたくのは、サーモンの西京漬けです。

こちらの サーモンですが、遠く離れた北欧のノルウェー産の養殖ものらしいです。
養殖とは言っても、ノルウェーは規制が厳しく、餌に抗生物質を加えることが禁じられているだけでなく、自然に近い状態で、サーモンが成長しているのだそうです。
サーモンにはビタミンDが特に多く、カルシウムと共に骨を作るのに不可欠で、
美肌効果にも最適な食材です。
また、銀鱈、サーモン共に、店主さんが沼津魚市場で一本ずつ吟味したものを仕入れ、卸してから、丁寧に切身にされたものです。

そして、西京漬を作るのに必要な西京味噌は、有機JAS認証済のものを、日本酒、味醂で伸ばしたものだそう。この時“田舎味噌”を混ぜているそうで、甘味と塩味のバランスが取れ、味噌特有のコクが増すのだとか。

素材や調理に対する情熱を感じ、より一層、いただくのが楽しみになりました。

【佳肴季凛 西京漬】の食レポ

冷凍の状態で届けられるので、食べる際はまず自然解凍します。

解凍した時点で、脂がのった良質なサーモンであることが見て分かりました。

フライパン、ホットプレートなどで焼くことや、クッキングシートなどを使うような時短料理、レンチン調理などは、素材の美味しさを著しく損われるそうなので、グリルで焼きます。

とってもいい色に焼き上がりました。部屋中に、鮭とお味噌の香りが広がり、食欲がそそられます。

見てください♪このツヤのある仕上がり!皮目はパリッと焼き上がり、身はふっくらしています。

お魚の良質な脂が滴り落ちそうなぐらい、脂が乗っています。

この脂は全くしつこくなく、とても上品な味わいでした。お味噌の風味も抜群でした。久しぶりにやみつきになりそうな美味しいお魚に出会えた気がします。家族全員からも大好評でした。

食欲のない日でも、このお魚があれば白ご飯が進みそうです。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪

http://www.sonomanma.co.jp/info.php?id=I0059285&type=item