【薬用ホワイトニングパウダー】使用レポ

歯の汚れは、ヒドロキシアパタイトで吸着して落とす!

ということで、こちらの薬用ホワイトニングパウダーを使用してみました。

これまではチューブタイプを使用してきたので、実は、このようなパウダータイプの歯磨き粉を使用するのは初めて。

こちらのパウダーは、ttt(スリーティ-)の微粒子が隅々まで行き渡り、着色汚れを吸着してくれるのだとか。
その洗浄力はポルフェリンという色素で出来ているウズラの卵の模様も落とすほどなのだそう。すごいですよね。

歯の色が少し気になっていたので、これは嬉しいです。

日々の積み重ねで沈着してしまった着色汚れ(コーヒー・お茶・ワインなど)をしっかりと吸着して歯本来の色を取り戻してくれるそうで、期待大です。

お箱に、このような簡易ホワイトニングチャートが書かれているので、鏡を見ながら、自分の歯の色と見比べることができます。最終的には、1の白さを目指したいものですよね。

ホワイトニングと聞くと、歯に負担がかからないか少し心配だったのですが、削って落とすのではないらしく、歯のエナメル質を痛める事もなく、口内環境を整えてくれるとのことで、とても安心しました。

早速使用してみます。

これまで使用してきた歯磨き粉と違って、泡立ちは良くないのですが、それが逆に良いと感じました。

泡立たない分、歯にブラシが当たる感触をしっかり感じられ、1本1本丁寧に磨けるような気がします。

夫と一緒に使用し、もうすぐ使い切るのですが、こちら1個を使い切るまでに、先ほどの歯の色のチャートで言うと、2段階ぐらい歯の白さがアップしたように感じます。自宅でこんなに簡単にホワイトニングできるなんて嬉しいです。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする