【持続型 抗ウイルス・抗菌スプレー Pal-Feel】使用レポ

こちらのPal-Feel(パルフィール)は、効果持続型の抗ウイルス・抗菌スプレーです。

菌やウイルスは時間が経つと、除菌したとしても、また繁殖しますよね。こまめに除菌するのって、本当に大変です。でも今は、コロナやインフルエンザの予防対策に敏感になっているので、除菌は欠かせません。

そんな時に重宝するのがこちらのスプレー♪

表面処理加工事業で培った独自技術により、その場の除菌だけではなく、優れたコーティング力で表面を抗菌バリアするため、効果が長く持続してくれるそう。

スプレーした表面に、目に見えない程のコーティング膜が形成されます。これにより、抗ウイルス・抗菌剤がそのコーティング膜に留まることができ、効果が持続する「抗菌バリア」となるのだとか。すごいですよね。

そんな便利な商品があっただなんて、もっと早く知りたかたなぁと思うほど。

各種安全性試験の他、抗ウイルスや抗菌試験を実施しているそうです。これにより、スプレーしたその場ではアルコール+抗ウイルス・抗菌剤が活躍。さらに表面全体に形成された、コーティング膜に留まっている抗ウイルス・抗菌剤のおかげで、乾いた後もその効果が持続します。

私は、家中のドアノブに、まずはスプレーしてみました。

あとは、電気のスイッチやリモコンなどにも忘れずに♪これをスプレーするとしないのとでは、安心感が全然違います。

また、旅行に行った時もホテルに持参したのですが、持ち運びしやすいミニボトルなので助かりました。

スプレーボトル自体も、インテリアになるほど洗練されたデザインなので、普段から出しっぱなしにしています。大きいサイズもあるみたいなので、購入を検討しています。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪