紙フィルターを使わないセラミックフィルター♪【Fujiコーヒーフィルター】使用レポ

こちらの可愛いカラーの富士山のアイテム♪何だと思いますか?

実は、 紙フィルターとドリッパー機能を備えた”セラミックフィルター” なんです。

波佐見焼の技法で作成されたセラミック製(陶器)のコーヒーフィルター・ドリッパー 。見た目もとてもお洒落ですよね。

陶器製なので、半永久的に使用できるのもありがたいです。

我が家は夫がコーヒー好きで、よくドリップコーヒーを飲むのですが、これまでは紙フィルターを使用してコーヒーを淹れていました。

でも、こちらを使い始めてから、もう紙フィルターには戻れなくなってしまいました。それぐらい、もはや生活に欠かせないアイテムとなっています。

おいしさの秘訣は、セラミックに穿たれた50ミクロンの微細な穴により、雑味や不純物だけを効率的に濾過し、旨味・薫り成分であるアロマやコーヒーオイルはしっかりと抽出してくれるところにあるそう。

本当に、まろやかで雑味のない味わいになるから不思議。酸味も感じにくくなり、コクが増す感じです。私自身はこれまで、コーヒーをブラックで飲めなかったのですが、こちらで淹れたコーヒーはブラックで飲めたので、感激しました。

お手入れもとても簡単なんです。

使用後は洗剤やスポンジを使わずに、お湯で洗い流すだけ。今のところ、1か月以上毎日使用していますが、目詰まりなども全くありません。(定期的に煮沸すると、より効果的なようです。)

コーヒーだけでなく、お茶なども漉すことがあります。お茶の味がよりマイルドになるので、時間のある時は使用しています。

気になる方は是非チェックしてみてくださいね♪