【ファームグランピング 京都天橋立】の冬グランピング体験①宿泊テント・施設・設備編

この記事はこんな方に向けて書いています♪

〇ファームグランピング 京都天橋立がどんな施設か知りたい

〇冬グランピングに興味がある

〇京都でグランピングできる施設を探している

目次
①天橋立駅から無料送迎バスあり
②Cooking Terrace“FUN”
③ファームグランピング 京都天橋立の宿泊テントの特徴
④各テントに併設されたデッキ
⑤お風呂やトイレについて

スポンサードサーチ

天橋立駅から無料送迎バスあり

ファームグランピング京都天橋立は、

エメラルドブルーの海を眺められる小高い丘にあります。周囲にはアクアヒルズと名付けられた高級別荘地が広がり、静かな環境から穏やかな雰囲気でグランピングを楽しめます。

関西圏からのアクセスも抜群で、

京都縦貫自動車道「与謝天橋立I.C.」より約20分で、

大阪・和歌山方面からは中国道経由、舞鶴自動車道を。

京都・滋賀・奈良方面からは京都縦貫自動車道を利用すると便利です。

私は今回、神戸三宮のミント神戸にあるバスターミナルから福知山駅前まで高速バス(1時間半)を利用し、そこからは京都丹後鉄道宮福線で宮津駅まで行き(53分)、宮豊線に乗り換え、天橋立駅で下車しました(6分)。

電車の待ち時間は含みませんが、移動自体は計2時間半ほどでした。

高速バスは1700円、電車は800円でした♪(片道料金)

普段、自家用車でしか旅行しないので、バスと電車での移動がとても新鮮で楽しかったです。娘も普段とは違った旅路に大喜びしていました。

天橋立駅からグランピング施設までは、無料の送迎バスがあるので、電車でも安心して行くことができます。

送迎は予約制 なので、宿泊の 3日前までに 必要な場合は予約しておきましょう。

私達も今回、送迎バスにお世話になりました。

2時半に天橋立駅まで迎えに来てくれます

天橋立駅からは20分ほどで、ファームグランピング 京都天橋立に到着します。

Cooking Terrace“FUN”

まず、Cooking Terrace“FUN”というスペースで受付をします。

可愛いうさぎちゃんがお出迎えしてくれるんです♪

とってもお洒落でワクワクするような場所で、ひときわ目立っている空間です♪

写真スポットもありますよ♪

さらに、こちらの中から、かご1杯分のお野菜や果物を選び、食事の時にいただくことができます。

ドリンクを販売しているスペースも♪

また、こちらではクッキングも体験できます。そちらの記事はまた詳しく書きますね♪

この場所は、こちらのグランピングの中枢の場所になっています。

スポンサードサーチ

ファームグランピング 京都天橋立の宿泊テントの特徴

ファームグランピング京都天橋立は、京都丹後の大自然を快適なテントで過ごす宿泊施設があります。

私達が今回、宿泊させていただいたのは、こちらのサプライズドームです。

国内最大級の約直径10mのドームテントで、75m2の広さがあるそうです。

各ドームテントの前には、駐車スペースもあります。

さて、中に入ると、可愛いぬいぐるみやクッションが置いてあり、娘達の気分が早速上がっていました(笑)

天井も高くて、すごく開放感があります。

また、エアコンが2台も完備されているので冬も夏も快適に過ごせて、それはグランピングならではですね。

ドームは一部スケルトン仕様で、オーシャンビューになっています(カーテンがありますので、着替えの時や、就寝時は閉めることができます)。

また、置いてあるものも1つ1つ可愛くて、

開閉可能なドア型の鏡や、

大きくてカラフルなイス、

畳のスペースもありました♪

冬で上着もあったので、このようなハンガーかけも嬉しかったです。

このサプライズルーム限定だそうですが、プロジェクター、ゲーム機の無料貸し出しもありましたよ。

このドームの他にも、

ツインドーム

・6mのドームを配置したツインドーム。2家族や3世代旅行のご利用に最適です。また、お子様と親御様で別々にお休みいただく場合にもおススメです。

スタンダードルーム

・定員4名のテントです。スタンダードのドームテントは大きさ7m(幅)×4.3m(高さ)と大空間で、かなりの開放感を感じることのできるテントです。スタンダードドームは山側にあるため、オーシャンビューではありませんが、大きな窓で開放感を味わうことができます。また、ドームテントに併設して専用のBBQコーナーがあります。

全3種類のドームがあるので、目的や人数に応じてお部屋を選択できますね。

各テントに併設されたデッキ

テントに併設されたデッキはお部屋になっているので、悪天候の日でも、バーベキューなどを楽しむことができます。

中は、このような感じです。

冷蔵庫や電気ポット、お茶の葉などもありました。

食器やカトラリー、まな板、包丁も置いてあり、

グラスや紙コップ、紙皿もあります。

食事なしのプランの場合は食材を持ってくる必要がありますが(持ち込み料は無料)、それ以外のものは手ぶらで来られるのも、グランピングの嬉しいところですね。

ゴミ箱もデッキ内にあります。

スポンサードサーチ

お風呂やトイレについて

お風呂・トイレは各サイトのガゼボデッキスペースに設置されています。

テントの目の前にあるので、とても便利でした。

流し台には洗剤やスポンジ、ハンドソープも置いてあり、給湯器があるので、お湯も使えるのがありがたいです。

お風呂も、トイレと別々なのが嬉しいです。

ドライヤーもあり、まるでホテルみたいです。

トイレの便座も温かく、寒い冬でも快適でした。

今回は【ファームグランピング 京都天橋立】の宿泊施設について記述しましたが、やはりグランピングはキャンプとは違って、気軽に、そして快適に、さらにお洒落に、アウトドア気分を楽しめるので、私みたいなアウトドア初心者には、本当にありがたいなぁと思いました。

京都天橋立の冬グランピング

次は、【ファームグランピング 京都天橋立】の食育体験について書きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする